受付時間
9:00~12:00 × ×
14:00~19:00 × × ×

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰を反らすと痛い
  • 便秘、頻尿、尿もれ、残尿感がある
  • 夜中腰の痛みで眠れない
  • 腰から足にしびれがある
  • 前屈みの体勢が楽である

脊柱管狭窄症の原因とは?|みどり整骨院 出雲院

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道が狭くなってくる病気です。背骨は、椎骨と、それをつなぐ椎間板、黄色靭帯などで構成されていますが、その内側には、脊髄の神経が通る『脊柱管』があります。その脊柱管が狭くなる病気が脊柱管狭窄症です。

脊柱管狭窄症は、加齢や日常生活での腰への負担、腰の病気などで背骨が変形して脊柱管が狭くなり、中の神経が圧迫され、血行が悪くなり、腰から足に痛みやしびれが起こります。圧迫される神経によって症状が異なります。

脊柱管狭窄症は、50歳代から徐々に増え始め、60〜70歳代に多く見られます。

脊柱管狭窄症の症状とは?|みどり整骨院 出雲院

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛はそれほど強くありませんが、腰を反らすと痛みが強くなり、前屈みの体勢が楽な状態で、長い距離を歩くと脊柱管が狭まり痛みやしびれが増し、足のもつれも生じます。

しかし、前屈みになって休むと、症状が良くなり、また歩けるようになるのが特徴です。このように、歩行と休息を繰り返す状態を『間歇性跛行(かんけつせいはこう)』と言います。寒い季節や朝方に症状が出やすいです。

足腰の痛みやしびれ、間歇性跛行など、脊柱管狭窄症と同じ症状が起こる病気があります。

⚫︎椎間板ヘルニア

背骨の骨と骨の間のクッションが神経を圧迫する病気です。

⚫︎抹消動脈疾患

主に下肢の動脈が狭くなったり、詰まったりして痛みやしびれが起こり、間歇性跛行の症状がみられます。

⚫︎糖尿病性神経障害

糖尿病で最も多くみられる合併症です。糖尿病にかかっていて下肢に痛みやしびれがある場合には注意が必要です。

当院の脊柱管狭窄症の改善施術方法|みどり整骨院 出雲院

腰部脊柱管狭窄症は、病院で手術を勧められることも少なくありません。間歇性跛行の繰り返し、筋肉を鍛える為、心身の健康の為に歩行を推奨せれますが、脊柱管狭窄症の方は歩行(ウォーキング)で悪化する場合がありますので、注意が必要です。

出雲市のみどり整骨院では、腰部脊柱管狭窄症を引き起こす元となる根本的な原因を見つけ出し、最良の改善策を貴方様にご提案する事が出来ます。

腰部脊柱管狭窄症の原因が痛みの出る箇所以外の場所にある事も多く、出雲市のみどり整骨院では、骨盤のゆがみから全身ののゆがみを整えます。

腰部脊柱管狭窄症の症状は、一見一緒でも一人一人の身体の状態は違います。全身の筋肉の調整から、脊柱管狭窄症の調整を行います。ご高齢者に多い脊柱管狭窄症ですが、ご高齢者のお身体にあった施術をご提供させて頂きます。

出雲市のみどり整骨院では、患者様の人生をより豊かにすることをコンセプトに施術に取り組み、症状の改善を全力でサポートさせて頂きます。腰部脊柱管狭窄症のつらい症状が改善したらどんなに幸せで楽しい生活を送る事が出来るのでしょうか?

みどり整骨院 出雲院へのアクセス

TEL

みどり整骨院 出雲院

院名みどり整骨院 出雲院
住所〒693-0001
島根県出雲市今市町261番地6ポポロビル1F
アクセス出雲市駅から徒歩10分
駐車場駐車場完備
定休日日曜日・祝日
受付時間
9:00~12:00 × ×
14:00~19:00 × × ×